ガラスコーティングがスマホ画面を保護する仕組み

ガラスコーティングとは、スマホ画面にコーティング剤を塗布することです。

フィルム形式ではなく、特殊な液体を液晶パネルにコーティングする、という方法です。この方法は、保護フィルムにありがちな気泡やごみが混入することなく、スマホ画面の指ざわりもよくなるので、スマホ画面の操作が圧倒的に良くなります。

また、ガラスコーティングを行ったスマホは(日常的な使い方や環境などにもよりますが)、その効果を持続します。

ガラスと聞くと「衝撃に弱い」というイメージはありませんか?
しかし、この「衝撃に弱い」という期待を裏切ります。
G-PACKのガラスコーティングは硬度10Hで、「傷がつきにくい」「耐久性が高い」という特長があります。

10Hの硬さはどれほどなのでしょうか?

鉛筆に6B、4B、2B、H、2Hなどという表記はなじみ深いと思います。
10Hとは、10Hの鉛筆でこすったときに傷がつかない、という指標になります。
イメージしにくいですが、この硬さはナイフでこすっても傷がつかない、というレベルです。

店長がこのガラスコーティングを提供しよう、としたのは、本人がガラスコーティングに良さを実感し、たくさんの人にガラスコーティングの良さを知ってもらいたいと思ったからです。